PAGE TOP

審査が甘いリフォームローンは?通りやすい銀行はどこ?

TOPPAGE > 比較的手軽なリフォームローンの無担保型とは担保を用

比較的手軽なリフォームローンの無担保型とは担保を用

比較的手軽なリフォームローンの無担保型とは担保を用意する必要のないリフォームローンです。

土地や建物などの担保が不要ですのでとても手軽に利用することが出来るローンです。

反面、金利が高い、借入期間が短い、限度額が低いなど担保型と比べてみると、デメリットを感じる点も少なくありません。

そのため無担型ローンをおすすめするケースは小規模なリフォームといえるでしょう。

持ち家があり、少額のリフォームなので余裕がある人のリフォームとみなされることが多く審査に通りやすいと言われています。

リフォームローンでいくら借りられるかというのは、工事をする上で最も大切なことと言えます。

ですが、住宅ローンと比較した場合借入限度額はわずか1/10程度となっています。

リフォームローンで融資してもらえる最大金額は500万円から1000万円以内がほとんどです。

リフォームローンの金利というのは2%から5%と高く、返済期間は最長10年から15年と期間が短いため、借入金額がある程度抑えられていないと、返済額がかなり大きくなってしまうのです。

現実的な返済額を事前にシミュレーションしておかないと大変なことになるかもしれません。

ARUHI(アルヒ)のリフォームローンは 申込資格には、満20歳以上65歳未満と規定されています。

融資額は50万円以上1
000万円以内と高額融資を受けることも可能で、返済回数も1年(12回)から35年(420回)となっており住宅ローン並みに長期といえます。

そのため契約を結ぶには連帯保証人が必須になり、融資の合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定されることになりますので、団信保険付プランを選択することも可能です。

アルヒの利率は変動金利型で、年に2回(4月1日と10月1日に貸付金利の見直し)の長期プライムレート(基準金利)を3か月後の口座振替から適用になります。

アルヒのリフォームローンの商品タイプはAプラン、Bプランの2種類があり、各プランごとに基準金利と事務手数料が設定されています。

リフォームローンが余った場合、金融機関に申告したり返金する必要性はあるのでしょうか?融資金額は施工業者の見積などによって算出されるため借入金が余るというケースは珍しいのですがそのままにしておくと架空請求みたいで不安になりますね。

片や、建設業界では追加費用が発生してもローン内で収まるように見積もり時に上乗せ融資をすすめてくるリフォーム業者もいます。

追加融資が難しいと判断した金融機関では、いくらか多めに上乗せ融資をしたらどうかと勧めてくることがあるようです。

融資を受けたのにリフォーム以外でお金を使ったということでもない限り、融資を受けた側が最終的に完済すれば問題が無く、そのまま放置していてもいいようですが、気にする人は繰り上げ返済を早急に返していくようにしましょう。

新生銀行グループのアプラスのリフォームローンはTポイントを貯めることができます。

申し込める条件として、20歳以上65歳未満、安定収入がある人で融資可能額は10万円以上300万円以内で、返済回数は最長84回(7年)ですから手頃なローンになっています。

気になる金利ですが短期融資となりますので7.20%から14.40%と少々高めの設定となっています。

オンラインで申し込みが可能なことや保証人・担保が不要で、小規模なリフォームには適しています。

シミュレーションも詳細な条件を設定できますので、アプラスのリフォームローンをもっと詳しく知りたいという方は、HPをご覧になってみては如何でしょう。

リフォームローンによって受けることができる控除には所得税の控除が可能です。

申告を行う事で当年の所得税から工事費の10%(限度額アリ)が還付されます。

対象となるリフォームの内容と限度額につきましては条件付きになっています。

省エネ、耐震、三世代同居の場合は25万円、バリアフリー工事は20万円と定められています。

共用する控除の要件には自分が所有して住まうことや所得が3000万円以下という条件があります。

リフォームローンの一体型について紹介します。

要は、住宅ローンとセットなっているローンのことです。

中古物件を購入してリフォームを予定している場合一体型ローンでローンを組まれることをおすすめします。

リフォームローンというものは住宅ローンよりも金利が高いため一元化することでリフォームの費用も低金利で借りられるのです。

注意点として、事前審査でリフォームの見積書が求められたり、申込の際にリフォーム工事の請負契約書の提出が必要になることがあります。

ですから、中古住宅探しと並行しながらリフォーム業者を探し、見積もりなどを取っておく必要があるのです。

楽天のリフォームローンの特徴の1つとして【フラット35(リフォーム一体型)】があります。

住宅を購入するための資金とリフォーム工事用の資金を合わせひとつのローンでまとめて融資が受けられるといった商品です。

2016年10月からは新しく【フラット35】リノベという商品が発売されました。

【フラット35(リフォーム一体型)】との違いは何かと言うと0.6%の金利引き下げが受けられることになります。

ただし注意があります。

工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はNGとなっています。

リフォームローン金利比較を行う際は口コミで話題の比較サイトを利用するのがおすすめです。

数社の金融機関が一同に掲載されている比較サイトであれば限度額や借入れ条件を簡単に比較できます。

金利や審査時間など条件にごとに並び替えができますよ。

比較サイトによっては金融機関へのリンクが貼ってありますのでクリックするだけで金融機関のHPへ飛べたりもします。

自宅で口座を開設できるネット銀行が広く普及してきたことから自宅で申し込めるローンが増えています。

リフォームローンの金利というものは金融機関によってかなり異なります。

低い金利は1%台からありますが、金利が15%ほどもある金融機関もあります。

金利体系も2種類あり変動金利と呼ばれるものと固定金利と呼ばれるものがあります。

変動金利のメリットには金利が低いことが挙げられますが、景気の変動に連動して金利が高くなるリスクがあります。

一方、固定金利というものは完済まで金利は変わらない安心感がありますが、元々金利が高いというデメリットがありますし、相場が下がっても自分は高い金利のまま返済をしなければならないというリスクもあります。