PAGE TOP

審査が甘いリフォームローンは?通りやすい銀行はどこ?

TOPPAGE > リフォームローンが余った場合、融資業者に返金する

リフォームローンが余った場合、融資業者に返金する

リフォームローンが余った場合、融資業者に返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は見積書などによって決定しますから余るケースは稀ですが架空請求してしまったみたいで落ち着かないですよね。

一方で、建設業界では追加で費用が発生することのないように見積もり時に上乗せ融資を勧める業者もいるとのことです。

また、追加融資が難しい金融機関においては上乗せ融資を勧めることもあるみたいです。

余剰分が出ても最終的に完済されれば問題はありませんので、そのまま放置していても構わないのですが、気になる人は繰り上げ返済をしておけば良いと思います。

リフォームローンの頭金を用意するに当たり、どれくらいが相場なのか、それはリフォーム業者によって対応が異なります。

リフォーム工事に取り掛かる前に頭金が必要という業者もいれば工事完了後に一括払いでOKという業者もいます。

料金についても業者によってかなり違ってきますので、複数の業者からあいみつを撮ったほうがいいです。

頭金に必要な費用は工事費用の10%から20%くらいが一般的ですが、最初に必要な資材費を請求してくる業者もいます。

後で追加資材の費用など不明な費用を請求されないためには事前に契約内容を必ず確認して、契約締結前に代金を請求するような業者を選んでいけません。

リフォームローン金利比較は比較サイトを利用すると効率が良いです。

比較サイトであればいくつもの金融機関がまとめて掲載されていますし、借入れ条件が一目見てわかります。

比較検討したい金利や借入限度額など条件に応じて並び替えができるのも便利です。

サイトによってはバナーが貼ってありますのでわざわざ検索する手間が省けます。

最近はネット銀行が増えてきたので来店せずともネットで完結できるローンが増えています。

口コミで人気のアプラスのリフォームローンは「リフォームプラン」という商品名です。

申込可能な人は、20歳以上65歳未満で安定収入がある人、融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)というライトなローンなのが特徴的です。

金利に関しましては7.20%から14.40%という少々高めの設定になっています。

オンラインで申し込みが可能なことや保証人や担保が要りませんので小規模なリフォームには最適です。

返済のシミュレーションも条件を詳細に設定することができますので、興味のある方は、HPをご覧になってみてください。

リフォームローンの一体型について紹介します。

要は、住宅ローンとセットなっているローンのことです。

中古物件を購入してリフォームを予定している場合一体型ローンがお勧めです。

リフォームローンというものは住宅ローンよりも金利が高いため一元化することでリフォームに関しても低金利が適用されます但し、気を付けなければいけない点もいくつかあります。

それは事前審査においてリフォームの見積書が求められたり、申込の際には工事請負契約書が必要になることがあります。

それ故、物件探しとあわせてリフォームの業者さんも探さなければいけません。

リフォームローンでいくら借りられるかというのは、リフォーム工事をする上で最重要項目といえます。

ですが、住宅ローンと比べると借入限度額は住宅ローンのおよそ1/10程度しかないのです。

借入れできる最大金額は500万円から1000万円程度です。

リフォームローンの金利は、金利は2%から5%、返済期間は最長でも10年から15年しかありませんので、借入金額が多いと返済額が大きくなってしまいます。

無理のない返済額に応じた借入額をしっかりとシミュレーションすることが大切です。

低金利でリフォームローンを借りる方法は担保型のローンを選びましょう。

リフォームローンには担保形というものと無担保型というものがあるのですが金利相場や借入期間、借入可能額などに違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年で借入れ可能な上、限金額は500から1000万円ですが、担保型は期間は最長35年で上限金額は1000万円から1億円になり長期的なローンを組むことが可能となります。

金利に関しては長期借入の方が低金利になりますから無担保型が約2から5%という利率に対して担保型は約1から2%という低い金利となります。

加えて、貸付金利タイプでも差があり固定金利と変動金利を比べた場合変動金利の方が低金利になります。

比較的手軽なリフォームローンの無担保型とは担保を用意する必要のないリフォームローンです。

保証人や土地建物などの担保が不要なので手軽に利用可能なリフォームローンです。

反面、金利が高い、借入期間が短い、限度額が低いなど担保型に比べて不利な点が多くあります。

そのため無担型ローンが適しているという場合は小規模なリフォームを行う時になります。

持ち家で少額のリフォームということであれば、比較的余裕のある人のリフォームとみなされることが多く審査に通りやすいという傾向があるからです。

知っていましたか?リフォームローンの金利相場は市場金利に応じて上下します。

担保があるかないかによっても金利が変わり現在は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場です。

金利タイプを大きく分けると2種類あり変動金利型というものと固定金利型というものがあります。

変動金利型というのは市場金利に応じて半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型は市場金利の上下に関わらず、金利が一定のローンです。

更に固定金利型には完済まで継続する長期固定金利型と指定した期間内だけ固定金利になり満了するごとに長期型か変動型する固定金利選択型があります。

リフォームローン減税について紹介します。

リフォームローン減税は住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になります。

減税の対象となるリフォーム工事には全てのリフォーム工事で対象になるというわけではなくいくつか条件があります。

リフォーム内容は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などに限られしかも100万円を超える場合に適用されます。

利用者に関しても要件があり年収は3000万円以下で返済期間が10年以上という条件のほか、工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなども必須条件となっています。

しかも減税は自己申告制になっているので、入居した翌年に確定申告をする必要があります。