PAGE TOP

審査が甘いリフォームローンは?通りやすい銀行はどこ?

TOPPAGE > リフォームローンによって受けること

リフォームローンによって受けること

リフォームローンによって受けることができる控除には所得税を控除することができます。

申告をすることで、その年の所得税から限度額はありますが、工事費の10%が還付されるというものです。

対象となるリフォーム内容と限度額については条件が決まっています。

省エネや耐震、三世代同居といった場合は25万円、バリアフリーにするための工事は20万円と決まっています。

控除の必須要件として自身が所有し居住することや所得が3000万円以下でなければならないなどが上げられます。

楽天のリフォームローンといえばフラット35(リフォーム一体型)といった商品があります。

住宅の購入資金+リフォームの工事資金を合わせ一つのローンでまとめて融資を受けられる商品です。

2016年の10月には新商品のフラット35リノベが登場しました。

【フラット35(リフォーム一体型)】との違いは当初5年間または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられることです。

注意点として工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はできません。

アルヒのリフォームローンは 申込資格が満20歳以上から65歳未満(完済時年齢80歳未満)の個人と規定されています。

融資金額は50万円以上1
000万円以内とリフォームローンとしては高額で、返済回数は1年から35年なので住宅ローンのように長期で返済することも可能です。

そのため契約するためには、連帯保証人が必要になります。

また、融資合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定され、団信保険付プランを任意で付けることもできます。

アルヒの利率は変動金利型で、年に2回の長期プライムレート(基準金利はみずほ銀行における長期プライムレートとなります)を3か月後の口座振替から適用されます。

諸費用・リフォームローンにはAプラン、Bプランの2種類があり、プランによって金利と事務手数料が異なります。

リフォームをするにあたって必要となるのがリフォームローンの頭金です。

その料金は工事業者によって異なります。

施工前に頭金を用意する必要がある業者や工事が完了してから一括払いでお願いしますという業者もいます。

金額も業者によってかなり違いますので複数のリフォーム業者から見積もりを取って比べることをおすすめします。

通常、頭金に必要な金額はだいたい工事費用の10%から20%が一般的なのですが、契約前に先に資材を揃えておくからといきなり資材費を請求してくる業者もいます。

後で追加資材の費用など不明な費用を請求されないためには事前に契約内容をしっかり確認して、資材の総額などきちんと契約書に記載させることです。

納得できるリフォームローンの選び方というのは金利だけを重視しないということです。

借入れ可能な期間や、上限金額も念頭に入れる必要がありますし、担保や保証人の有無なども考慮しなければいけません。

また、団体信用生命保険の加入可否や手数料などの諸費用も比較検討したほうが良いでしょう。

建材会社には自社の商品を使ってリフォームすることで金利0%の無担保ローンを組めるといった商品もあります。

リフォームローンは種類が豊富ですのでリフォーム会社に相談してみると良いでしょう。

周知のとおりリフォームローンの金利相場は市場金利に応じて上下します。

担保の有無によっても金利が変わり最近の相場は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場となっています。

金利のタイプは大きく分けると2種類あって変動金利型というものと固定金利型というものがあります。

変動金利型は市場金利に伴って6か月ごとに金利が更新されるというローンで固定金利型は市場金利の上げ下げに関わらず、一定の金利を維持するローンです。

更に固定金利型には完済まで金利が継続される長期固定金利型と一定の期間内だけ固定金利で満了するごとに長期型か変動型に変更することができる固定金利選択型があります。

リフォームローンの一体型とはどのようなローンなのか知っていますか?簡潔に言うと住宅ローンとリフォームローンが一緒になっているローンです。

中古住宅を購入してリノベーションするなら一体型ローンがだんぜんおすすめです。

住宅ローンと比較するとリフォームローンのほうが金利が高いので一体型にすることでリフォーム分も低金利が借入することが可能です。

ただ、気を付けなければいけないのが、ローンの事前審査でリフォームの見積書が必要と言われたり、工事請負契約書の提出が求められることがあります。

ですから、物件探しと同時にリフォームの業者さんも探さなければいけません。

オリコのリフォームローンは365日いつでも仮受付OKのWebリフォームローン仮受付が非常に使い勝手が良いです。

銀行へ行かなくともパソコンから申請ができ最短2日で審査結果が郵送されてきます。

オリコのリフォームローンは完済完了まで固定金利が適用されることになりますが、保証人、担保、保証料など一切不要というメリットがあります。

ローンの使途として改修工事やリフォームだけでなくソーラーシステムの設置工事にも利用することができます。

申込時の注意点としてWeb仮受付の申し込みにはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要であり、販売店コードまたはIDを入力しなければいけませんのでご留意ください。

リフォームローン減税について紹介します。

リフォームローン減税というものは住宅ローンを利用してリフォームを行う場合に対象になります。

対象となる工事内容についてですが何でも減税の対象になるというわけではなくいくつか条件が設けられています。

リフォーム内容は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などに限られ100万円を超える場合にやっと適用されるというものです。

減税申請する申請者についても要件があり年収3000万円以下で返済期間が10年以上、工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなどがあります。

減税は自己申告制なので確定申告が必要となります。

リフォームローンを組むにあたって、いくら借りられるかというのは、リフォーム工事をする上で最重要項目といえます。

ですが、住宅ローンと比べると借入限度額はわずか1/10程度となっています。

借入れできる最大金額は500万円から1000万円になります。

しかし、リフォームローンの金利は2%から5%という高金利で、返済期間は最長でも10年から15年ですので、借入金額が多いと返済額が大きくなってしまいます。

現実的な返済額をしっかりとシミュレーションすることが大切です。