PAGE TOP

審査が甘いリフォームローンは?通りやすい銀行はどこ?

TOPPAGE > 他のローンと比べると手軽といえる

他のローンと比べると手軽といえる

他のローンと比べると手軽といえるリフォームローンの無担保型とは担保を用意する必要のないリフォームローンです。

土地や建物などの担保が不要ですので手軽に利用出来るリフォームローンと言えるでしょう。

その一方で、高金利であることや、短い借入期間、限度額が低さなど担保型に比べて不便に感じる点も多くあります。

そのため無担型ローンが適しているという場合は小規模なリフォームです。

持ち家で、少額のリフォームということになれば割と余裕がある人のリフォームと判断されることが多く審査に合格しやすいといった傾向があるからです。

リフォームローンのシミュレーションというものは金融機関のHPで試算することができます。

検索窓に「リフォーム」「シミュレーション」と言った文言を入力すると該当するHPが複数ヒットします。

借入希望額、返済期間などを入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されるためローンを組む前のシミュレーションに最適です。

個人情報の登録などは一切ないので安心して利用することができます。

返済額の計算は複雑なため、素人では試算が大変ですので、積極的に利用することをお勧めします。

リフォームローン減税というものをご存知ですか?リフォームローン減税について簡単に説明すると住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になる減税制度のことです。

対象となる工事内容についてですが全てのリフォーム工事で対象になるというわけではなくいくつか条件があります。

リフォーム内容は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などに限られしかも100万円を超える場合に適用されます。

減税申請する申請者についても要件があり年収3000万円以下かつ、返済期間は10年以上、また工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなどが条件として定められています。

しかも減税は自己申告制になっているので、入居した翌年に確定申告をしなければいけません。

楽天のリフォームローンには【フラット35(リフォーム一体型)】があります。

リフォーム工事資金と住宅購入資金とを合わせひとつのローンでまとめて融資が受けられるといった商品です。

2016年10月からは新しく【フラット35】リノベが販売開始になりました。

【フラット35(リフォーム一体型)】との違いは金利の引き下げが受けられることです。

注意点として、工事前に適合している基準は対象とならないことやフラット35Sと併用することはできません。

リフォームローンの一体型とはどのようなローンなのか知っていますか?平たく言うと住宅ローンとリフォームローンがセットになったローンです。

中古物件を購入してリフォームを予定している場合一体型ローンでローンを組まれることをおすすめします。

リフォームローンは住宅ローンと比べて高金利なので一元化することでリフォームに関しても低金利が適用されます但し、気を付けなければいけない点もいくつかあります。

それは事前審査においてリフォームの見積書が求められたり、工事請負契約書の提出が求められることがあります。

ですから、物件探しと同時にリフォーム業者を探して、見積もりを作成してもらうという準備も必要になります。

リフォームローンの金利に関してですが金融機関ごとに異なります。

1%台からの低金利なところもありますが、金利が15%ほどもある金融機関もあります。

2種類の金利体系があり変動金利言われる金利と固定金利と言われる金利があります。

変動金利には金利が低いメリットがあるのですが、景気の変動に連動して金利が高くなるリスクがあります。

一方、固定金利は完済するまで金利は変化しない安心感はありますが、金利が高いというデメリットや相場が下がっても高い金利のまま返済を続けるリスクもあります。

アルヒ(ARUHI)のリフォームローンは申込資格には、満20歳以上65歳未満と規定されています。

融資の金額は50万円以上1
000万円以内とされており、返済回数は12回から420回となっており、住宅ローン並みに長期のローンを組むことができます。

そのため契約するためには、連帯保証人が必要になります。

また、融資合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定され、団信保険付プランを選択することも可能です。

アルヒの利率は変動金利型で、年に2回の長期プライムレート(基準金利)を、3か月後の口座振替から適用となります。

諸費用・リフォームローンにはAプラン、Bプランの2種類があり、プランによって金利と事務手数料が異なります。

リフォームローンの融資を受けてリフォームローンが余ってしまった場合、金融機関に申告したり返金する必要性はあるのでしょうか?融資される金額は業者の見積書などによって決定するため余剰が出るケースは稀ですがわざと多く借りたみたいで不安になりますね。

片や、建設業界では追加費用が発生しても補えるように事前に上乗せ融資を勧めるといった業者もいます。

また、金融機関でも追加融資が難しい場合には、担当者も上乗せ融資を勧めることがあるようです。

余剰分が出ても最終的に完済されれば問題はありませんので、そのまま放置していても構わないのですが、余剰分が気になるという人は繰り上げ返済をして、借入た分を早急に全額返済してしまいましょう。

極力低金利でリフォームローンを借りるためには担保型のローンを選びましょう。

リフォームローンには大きく分けて担保形と無担保型といったものがあり借入期間や借入可能額のほか、金利相場などに違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年となっており、借入れ可能な上限金額は500万円から1000万円となっていますが、担保型であれば期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いの融資を受けることができます。

金利は長期の借入の方が低金利になるため無担保型は最大約5%に対し担保型最大約2%の低金利になります。

そのうえ、貸付金利タイプでも差があり固定金利と変動金利を比べた場合変動金利の方が低金利になります。

リフォームローンを組むことによって受けることができる控除は所得税を控除することができます。

申告を行う事で当年の所得税からリフォーム工事費の10%(限度額あり)が還付されるというものです。

対象となるリフォームと限度額は条件付きになっています。

省エネや耐震、三世代同居といった場合は25万円、バリアフリーのするためのリフォーム工事では20万円と定められています。

控除の必須要件として自身が所有し居住することや所得が3000万円以下でなければならないなどが上げられます。