PAGE TOP

審査が甘いリフォームローンは?通りやすい銀行はどこ?

TOPPAGE > リフォームローンのシミュレーション

リフォームローンのシミュレーション

リフォームローンのシミュレーションがあることを知っていましたか?シミュレーションは金融機関のHPで試算することができます。

検索窓に「リフォーム シミュレーション」と入力し検索するだけで該当するHPが複数ヒットします。

返済期間や借入希望額を入力すると月々の返済額などが一瞬で計算されます。

個人情報を登録する必要は一切ないのでここで借りなければいけないのかなといった心配をする必要はありません。

返済額の計算は複雑ですのでリフォームローンに興味がある方は積極的にご利用ください。

リフォームローンの融資を受けてリフォームローンが余ってしまった場合、融資業者に返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は見積書などによって決定しますから余るケースは稀ですが余剰分をそのままにしておくと過大請求したみたいで不安になってしまいますよね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しても困らないように上乗せ融資を勧めてくる施工業者もいるみたいです。

追加融資が難しいと判断した金融機関では、予め上乗せ融資を勧めるといったことがあるようです。

余剰分が出ても最終的に完済されれば問題はありませんので、そのまま放置していても構わないのですが、余剰分が気になるという人は繰り上げ返済をして、借入た分を早急に全額返済してしまいましょう。

多くの人がおすすめするリフォームローンを探すには ランキングサイトを利用するのが簡単です。

ですが、住宅事情は人それぞれで違いますので一概にネット情報だけに頼るのはいけません。

まず最初に、今の住宅で不満なところを洗い出し、リフォームに必要な金額を計算し条件に合致するリフォームローンを見つけましょう。

費用が高額ならば有担保型ローンが低金利なのでおすすめですが、少額であれば小回りが利く無担保型ローンが良いかと思います。

また、中古住宅の購入と一緒にリフォームをしようと考えている人は一体型のリフォームローンを選ぶことで金利を低く抑えることができますよ!リフォームローンの金利というものは金融機関によってそれぞれ異なります。

低い金利は1%台からありますが、高い金利は15%に近い金融機関もあります。

2種類の金利体系があり変動金利と固定金利があります。

変動金利は金利が低いメリットがありますが、景気の変動に連動して金利が高くなるリスクがあります。

一方、固定金利というものは完済まで金利は変わらない安心感がありますが、そもそもの金利が高いというデメリットがありますし、相場が下がっても高金利のまま返済をし続けるというリスクもあります。

口コミ評価の高いオリコのリフォームローンをご紹介します。

オリコのリフォームローンは24時間365日仮受付可能な「Webリフォームローン仮受付」が便利です。

金融機関に行かずともパソコンから手軽に申し込みができ最短2日で審査結果が郵送されてきます。

オリコのローンは完済時まで固定金利が適用されるのですが、保証人や担保、保証料などは一切不要というメリットが大きいです。

使途には改修工事やリフォームに限らずソーラーシステムの設置工事にも利用することができます。

ローンを申請する際の注意点として、仮受付の申し込み時にはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要であり、申請フォーマットには販売店コードまたはIDを入力する項目がありますのでその旨ご留意を。

リフォームローンを利用するに当たり気になるのは口コミだと思いますが、口コミ評価が良い金融業者が良い業者とは限らないということです。

低金利なローンであれば多くの人が希望するのは必然ですので審査基準が厳しいという傾向にあります。

審査が厳しいが故に多くの人が審査落ちし怒り心頭状態で悪い口コミを書いてしまうということは珍しくありません。

なので、偏った口コミに流されてローンを選んでしまうと自分に最適の商品を見落としてしまうかもしれません。

特に金融関係の口コミを参考にする際には、口コミの件数に囚われずどのような理由でその評価を付けたのかという理由をきちんと分析しなければいけません。

リフォームローン金利比較を効率的に行う時は大手の比較サイトを利用するのが効率的です。

複数の金融機関が掲載されている比較サイトなら限度額や借入れ条件といった気になる情報が一目瞭然です。

気になる金利や借入限度額など知りたい条件に合わせて並び替えができるのも便利ですよね。

比較サイトによってはリンクが貼ってありますのでクリックするだけで金融機関のHPへ飛べたりもします。

自宅で口座を開設できるネット銀行が広く普及してきたことから銀行へ足を運ばずに申請できるローンが増えています。

新生銀行グループのアプラスのリフォームローンはTポイントが貯めている人におすすめです。

申込要件として、20歳以上65歳未満の安定収入がある人、融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)というライトなローンなのが特徴的です。

アプラスの金利ですが、短期融資となるので、7.20%から14.40%と高めの設定になっています。

パソコンやスマホで申し込みが可能なことや保証人や担保が要りませんので小規模なリフォームには最適です。

返済のシミュレーションも条件を詳細に設定することができますので、アプラスのリフォームローンについて詳しく知りたいという方は、一度、HPをご覧になってみてくださいね。

楽天にもリフォームローンがあることをご存知ですか?楽天のリフォームローンにはフラット35(リフォーム一体型)というものがあります。

住宅の購入資金+リフォームの工事資金を合わせひとつのローンで合算して融資を受けることができる商品です。

2016年10月からは新しく【フラット35】リノベという商品が発売されました。

【フラット35(リフォーム一体型)】と何が違うかというと5年間または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられることになります。

注意点として工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はできないことがあげられます。

リフォームローンによって受けることができる控除には所得税の控除というものがあります。

申告をするとその年の所得税から限度額はありますが工事費の10%が還付されます。

対象となるリフォームと限度額は条件が指定されていて定められています。

省エネ、耐震、三世代同居の場合は25万円、バリアフリーにするための工事は20万円と決まっています。

控除の必須要件として自身が所有し居住することや所得が3000万円以下である必要があります。